2015年5月27日水曜日

二日目 ハノイからニンビンへ移動

二日目はハノイ(Hanoi)からニンビン(Ninh Binh)へバスで移動しました。



カメリアホテル6の朝食
Breakfast
メニューから食事とドリンクを選べました。トマトオムレツとパン、ブラックコーヒーを選択。美味しくはないけど、食べられます。エアコン付ダブルで食べられる朝食まで付いて1泊9ドルはお得です。

朝食後はチェックアウトの12時まで部屋でノンビリしてました。個人旅行だと時間に追われないこういうノンビリができていいですね。

ニンビンまでの道のり


ニンビンへは鉄道でも行けるのですが、本数も多く時間に融通が利くバスで行きました。2012年の時に主に鉄道を利用していたので今回は別の交通手段を試したいといこともありました。ベトナムでは鉄道とバスに料金の大きな違いはないようです。

ハノイにはバスターミナルが何カ所かあるので目的地によりどこのバスターミナルを目指すか注意が必要です。ニンビン行のバスはハノイ駅から5km南にあるザップバットバスターミナル(Ben Xe Giap Bat)から出ています。ここからはニンビンの他フエなど南部へ行くバスが出ています。

ホテルをチェックアウトしザップバットバスターミナルに向かいました。ホテルから徒歩で5分ほどのバス停から8番のバスを利用しました。料金は確か7000ドン(約40円)。40分程でザップバットBTに付きました。8番のバスは終着がザップバットではないので、バスターミナル前の大きな通り沿いに停車します。

Giap Bat Bus Terminal

チケット売り場で13時発のニンビン行のバスチケットを購入。料金は65000ドン(約400円)でした。当該バスの乗務員の兄ちゃんらしいのにミニバスに連れていかれました。
ガイドブックによる所要時間が1時間30分なので、遅くとも15時にはニンビンに着くかと思っていたのですが…。ベトナムを甘く見てました。

Mini Bus from Hanoi to Ninh Binh

後々少しづつベトナムのバスの仕組みが分かってきたのですが、乗客が集まらないと出発しないんですね。8割方席が埋まったのが14時頃でした。それまでチョロチョロとバスターミナルの周りを乗客を永遠に探し続けてました。そういう事が分かってる地元のベトナム人はバスターミナルまで行かないでバスルートの途中で乗ることが多いようです。早いバスに乗りたい場合はバスターミナルの入り口付近で声を掛けてくる輩(大抵バスの乗務員)に確認したほうが良いみいたいです。中には悪い輩もいるでしょうから注意してくださいね。

それからどうもバスターミナルのチケットカウンターでチケットを購入するよりバスに直接乗った方が料金が安いようです。バスターミナルに払う手数料が必要ないからかなーなんて思いました。おススメはしませんが、経済的にもバスターミナル内ではなく付近でバスに乗った方がお得なようです。

ニンビンまでの間に一度サービスエリアのようなところで休憩が一回ありました。
Rest Stop
飲物や簡単な食べ物は買えるようです。一応水だけはバス乗車前に1本買っておくことをおススメします。

ハノイを14時頃に出発してニンビンに到着したのが16時頃。普通に走れば約1時間の道のりですが、乗車が13時なので3時間掛かったことになります。酷いバス乗車エクスペリエンスでした。何事も経験ですね。次に生かせると良いですが。


ニンビンの歩き方

ニンビンバスターミナルにはタクシーセオム(バイクタクシー)も待っていてくれるので、ホテルまでの道のりもあまり問題ないです。

予約していたホテルは徒歩10分と近いので、安いセオムで行くことにしました。当然料金は交渉制。1万ドン(60円)でホテルまで乗りました。後日タクシーも利用しましたが、ニンビンのタクシーはそこそこ安全かななんて思いました。使いませんでしたが市バスも走っているようでした。

この日の宿のKim Liem Guesthouseにチェックイン
Kim Liem Guesthouse
ホットシャワー、エアコン、無料WiFi,冷蔵庫付き、朝食なしで1泊USD12.65ドルでした。ここに2泊しました。部屋は必要最低限の清潔さはありました。ホテル予約の豆知識ですが、ベトナムの格安ホテルはネットで予約すると若干料金が高くなります。

このあと町を散策。観光客はハノイからの日帰りが多いのか、町中には外人が誰もいなかったです。

スーパーマーケットが1軒ありました。
Hong Anh
チャンフンダオ通りを南に向かってリム橋の手前です。ここで水などを調達しました。多分ニンビンで品揃えが一番多いかと思います。

夕食はホテル近くの食堂でコムビンザン(ベトナムの定食)を頂きました。
Com Binh Dan
4万ドン(約240円)。美味しくないけど食べられました。美味しいものが何でもあるホーチミンが懐かしいです。

ホテルに帰って、翌日のチャンアン観光の検討。WiFiは普通に使える速度で助かりました。

翌日は世界遺産のチャンアンへ向かいました。



掲載している写真は、商用利用可能で販売しております。写真をクリックすると写真販売サイトにリンクします。詳しくは販売販売サイトをご覧ください。

おすすめのベトナム本