2012年2月20日月曜日

九日目 ホイアンからドンホイへ列車&バスの旅

ベトナム世界遺産旅行九日目、この日はホイアンからフエ経由でドンホイに向かいました。

まずは朝食

宿泊しているタインビン1ではタインビン3の朝食券がもらえます。

朝食後、ホテルに戻りのんびり。

荷造りをした後、ホテルを12時にチェックアウト。


昼食へ

ホイアンの町外れの屋台でミークアン。

バケットサンド

めちゃ旨。今回のベトナム旅行で一番旨いバケットサンド。

時間があったのでタインビン1の隣のカフェ「ティンツオン」で一服


バスの集合場所のシンツーリストのホイアン・オフィス

キャメルトラベルのホイアンからドンホイまでのバスが満席だったので、シンツーリスト(旧シンカフェ)のフエ行きのバスに乗車。集合13時。

フエ行きのバス

シンツーリストのオフィスからワゴンで町外れのバスターミナルまで行って、ここでバスに乗車。13時30分出発。

フエ行きのバス

広くもきれいでもないけどベトナムではましなほうかな。隣は年配のベトナム人女性。途中で降りてましたね。

五行山(マーブルマウンテン)

ダナンに行く途中に見えました。

休憩所

フエに行く途中、一度だけトイレ休憩がありました。

フエのシンツーリストのオフィスに16時50分到着、ここからセオム(バイタク)でフエ駅へ。

フエ駅

列車が遅れてたお陰で17時11発ハノイ行きの列車SE4号に間に合いました。ソフトシートのチケットもスムーズに買えました。

ベトナム統一鉄道南北線SE4号

30分程遅れて到着。

統一鉄道南北線SE4号ソフトシート車両

ハードシートよりやっぱり楽。リクライニングの角度が半端なく深い。これなら寝れそう。

車内販売で買った菓子パン

昼食の後何も食べてなかったのでお腹が空いてたので、菓子パンを購入。

車内販売のお粥

菓子パンだけでは足りなくてお粥も頂きました。お腹が空いていると何でもおいしく食べられます。

ドンホイ駅

ドンホイに20時40分到着。約3時間の列車の旅でした。

ドンホイ駅のトイレ借りたら有料で5千ドン。

ドンホイ駅からニャットレビーチまでセオム(バイタク)で3万ドン、タクシーは10万とかあり得ない値段言われたのでNG。

ケバンホテル

ドンホイのニャットレビーチ沿いのケバンホテルに飛び込み、1泊30万ドン。一応5万ドン値引きしてもらいました。やっぱここも暖房がなくて部屋がちょっと寒い。お湯はちゃんと出ました。十分泊まれます。近くにはもっと安いGHも沢山ありました。

ブン・ボー・タイ

近くの1Aに出てた屋台で夜食。結構うまい。ベトナムの屋台は大体どこも口に合うので助かります。

聞けばフォンニャ洞窟のツアーはやってないようで、行くならタクシー(100万ドン)かバイタク(30万ドン)を1日チャーター。ローカルバスでフォンニャの町に泊まる手もあるかも。

おすすめのベトナム本